• ホーム
  • ネット投資における支払い額などの一覧表示機能

ネット投資における支払い額などの一覧表示機能

話してる男性たち

最近は、インターネットによる株取引ができるようになって、投資家にとっては非常に便利な世の中となってきました。
インターネットであれば、株取引における支払い額や利益額・損失額などが一覧表示できるようになっていますので、非常に効率的に株取引の管理ができるわけです。
例えば、利益額の多い順に株式銘柄を並べてみれば、どの株が一番利益を出しているのかが一目瞭然となります。
反対に利益額の少ない順に株式銘柄を並べてみれば、どの株が一番損出を出しているのかが一目瞭然となります。

もちろん、このような便利な機能も、証券会社のシステムによって色々な違いがあるでしょうし、機能があっても使いこなせていないというユーザーの方も多いことでしょう。
そこで、どのような機能があれば便利なのかということを考えてみることにしましょう。
例えば、さきほどは利益額の多い順・少ない順に一覧表示するという例を出しました。
これでは1,000万円を投資して100万円の利益を出している株式銘柄のほうが、100万円を投資して50万円の利益を出している株式銘柄のほうよりも、利益額の多い株式銘柄として先に表示されてしまいます。

しかし、投資効率という点を考えるならば、100万円を投資して50万円の利益を出している株式銘柄のほうを、1,000万円を投資して100万円の利益を出している株式銘柄のほうよりも先に表示してもらいたいのではないでしょうか。
ですから、利益率の多い順・少ない順に一覧表示するという機能があれば、更に便利になるのではないかと思われます。
更に欲を言えば、配当金や分配金・株主優待などの収入をも考慮に入れた利益額・利益率の一覧機能などがあると、更に有難いと言えます。